人それぞれの毛の数が違うって本当?

人それぞれの毛の数が違うって本当?

体毛には頭髪、、まゆ毛、ワキ、すねなど全身に生えていますが、美容においてはムダ毛は邪魔であり、頭髪はフサフサであって欲しいと部位によって大きく違いますね。体毛は皮膚の保護や保温、断熱、紫外線防止、感覚機能など様々な役割があります。

 

昨今では頭髪以外は不要のものとして脱毛が人気になっていますが、人の体毛は約500万本と言われ、目に見えている毛は全体の3分の2の約140万本なんだそうです。人の体毛は男性毛・両性毛・無性毛に分かれ頭髪やまゆ毛は無性毛でホルモンの影響を受けず生えてきますが、思春期になると顔や手足などの毛やヒゲなど体毛が生えて濃くなってきます。

 

この体毛はホルモンが大きく影響しているからです。ホルモンには女性ホルモンと男性ホルモンがあり、体毛は男性ホルモンの働きが影響します。テストテトロンなど男性ホルモンは毛を成長させる毛母細胞を増殖させ、毛の発育を促します。女性でも男性ホルモンが多いと体毛が濃くなったり多くなったりするのです。

 

またストレスによってムダ毛が生えたり濃くなったり影響を与えてしまいます。これらの原因によって人それぞれ毛の数や濃さも違ってくるのです。

人それぞれの毛の数が違うって本当?関連ページ

自宅脱毛をする時の注意点は?